FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン6日目~バルセロナ フリータイム後半 6月4日

カタルーニャ音楽堂から
次の目的地グレコ公園へ向かう
地下鉄、バスと乗り継いで
グレコ公園に到着

見た瞬間、ステキな外観に
感動する
とにかくチケット買って中に入りたいと
チケット売り場へ

ところが入場規制をしていて
2時間待ち
わたしは外観だけでもいいと思ったけど
娘はどうしても入りたいと
せっかくだもんねここで見ておかないと
一生来ることがないかもしれないし

公園なので周りも広々と休憩しながら待つには
なかなか良いところ
木陰のベンチを見つけてまったりと
娘とおしゃべりしながら2時間

スペイン旅行中のこんな過ごし方もいいねって
言いながらポジティブなわたしたち(笑)

入場できる時間に近くなったので
入り口まで行ってみた
よく考えたら有料ではないところも
ガウディの作品はたくさんあって
なんでのんびり休憩したたんだろ?
って笑える

入場まで20分くらいしかなかったけど
ちょっと見て歩いて満足さん

グレコ公園
ガウディが独自の建築様式を
完成させた頃の作品
グエル氏の依頼で田園住宅街として
建設されたものの住居が2戸しか売れず
後に公園として開放された

RIMG1206b.jpg
柱廊
公園内には土地の高低によって建築様式が
異なる3つの柱廊がある

RIMG1211b.jpg
中央階段にいる有名なドラゴン
口から水を出している

カラフルな破砕タイルで飾られた姿が印象的

RIMG1216b.jpg
列柱ホールの天井にあるばら装飾
太陽やメドゥーサなどが豊かな色彩で
表現されている

ドーリア式の柱で建造されたホール
天井まで手が込んでる

RIMG1223b.jpg
壁面のタイルも一枚一枚模様が違ってる

RIMG1220b.jpg
お天気もよく海まで見渡せる丘

外観も内部もすべてガウディの魂が
行き届いたグエル公園全体が
ガウディの作品でした

ここは待った価値のある場所です

グエル公園からまたバスに乗り
地下鉄を経由して
前日、夜景だけを観てきた
カサ・バトリョを目指す

ここまででかなりヘトヘトになってたけど
とにかく観ておきたいとがんばる

カサ・バトリョ
ガウディが改築を手掛けた
斬新かつ繊細な邸宅建築

ユニークな外観が目を引く

20150627172615323.jpg
カサ・バトリョの外観

20150627150720647.jpg
階段のある吹き抜けは
装飾陶器やガラスで飾られ
屋上から入る自然光で美しく輝く

青で統一されてきれい

RIMG1244b.jpg
バルコニーの壁面にある飾り

201506271755370e0.jpg
屋上のキノコ形の煙突
芸術性と機能性を兼ね備えている

201506271726171b8.jpg
このカサ・バトリョは街の中に普通にある建物で
まわりの建物とも調和してる

内部も見応え十分で
ガウディの独創性に目を見張りました

カサ・パトリョに着いたのはもうかなり
遅い時間だったのだけど
午後9時半くらいまで明るいスペインだから
明るい中で見学できて本当に良かった

この建物のガイドはスマホみたいのを渡されて
音声ガイドと映像で案内してくれるんんだけど
このシステムが秀逸で
娘とすばらしいよねと感嘆でした

そのあとカサ・バトリョの近くで食事して
ホテルに帰りました

めちゃくちゃハードだったけど
行きたいところに行けて
充実した1日になりました

あとは残すところ翌日のみ

バルセロナのホテル泊

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

プロフィール

ゆい

Author:ゆい
2015年6月~スペイン
2017年4月~オランダ

娘と行った旅行記です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ようこそ♪
ありがとう☆
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。