FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ4日目~4月28日

オランダ4日目
2017年4月28日(金)

この日は、行程がかなり難関な場所
クレラーミュラー美術館へ向かう

ホテルからトラムでアムステルダム駅へ

アムステルダム駅から鉄道とバス乗り継ぎ
バスも途中で乗り換えるという高難度の技

朝食をアムステルダム駅で買って
車窓を見ながらの鉄道の旅も楽しかったな

バスの乗り場には同じように
クレラーミュラー美術館を目指してる
韓国の一人旅の女性がいて
少し日本語ができたのでお話させてもらった
長い時間かけてヨーロッパを巡っているとのこと

国立クレラーミュラー美術館
世界有数のゴッホコレクション
ゴッホの作品は270点以上
公園の中の美術館

20世紀初頭に莫大の財を成した
クレラー夫妻のコレクションが政府に寄贈され誕生した

20181026000246e2f.jpg
なんとか到着したときは
ここまで来たんだって感動でいっぱい

2018102600441330b.jpg
「4本の切ったひまわり」
ゴッホのコーナーの最初に飛び込んできた
この作品に目を惹かれる

201810260209110cc.jpg
「アルルの跳ね橋」
パリから南仏アルルに移り住んだ直後に
描いた作品
跳ね橋は、オランダ生まれのゴッホが
好んだモチーフの一つ
浮世絵の影響を受けており、
この作品を境により明るい色彩を獲得していく

201810260047199d3.jpg
「花咲く桃の木」
この絵は、本当にかわいくて
桃の花のピンクが絶妙にかわいい色で
優しい気持ちになれる絵です
娘のお気に入り

20181026004720f73.jpg
「夜のカフェテラス」
星が煌く夜空に浮かび上がるように
金色に輝くカフェテラス
鮮やかな黄色と藍色が見事なコントラストを見せる
南仏アルルにあるこのカフェは
ゴッホ自身がよく通って店でもあった

この作品は、日本に来たときに観たことがあるので
このクレラーミュラー美術館で再会

ここでしか観れない貴重なゴッホの作品の数々
この美術館は、昨日のマウリッツハイス国立美術館と同じく
写真撮影ができるので
実物を心に焼き付けるのと同時に
写真という形で残せるので嬉しい

クレラーミュラー美術館は
本当に遠くてツアーのバスだと簡単に行けると
思うけど
個人で行くにはかなりハードルが高い場所です

しかし、その価値がある
ここでしか観れないゴッホの作品がたくさん
貴重な作品を観て
大満足の中、美術館を後にしました

2018102523160380f.jpg
帰りの電車の乗り換え駅
アムステルダム ザウドゥ
駅前の通りなんだけど
なんでもない場所でさえステキです

このアムステルダム ザウドゥからトラムに
乗り換えてホテルに近いところで降りて
買ったお土産をいったんホテルに置いてから
アムステルダム市内観光へ

20181026005107cfd.jpg

2018102601110446c.jpg

地図を見ながら散策
この街は、どこを切り取っても絵になるよね

ここからの景色があまりにきれいで
お友達に見てほしくて
写真をいくつかラインで送ってみた

20181026012458d8c.jpg
景色を見ながら歩いて
アムステルダム駅に到着

東京駅を作るときにこのアムステルダム中央駅を
モデルにしたと言われてるそう

この駅の正面上手に運河があり
水と青い空とステキな駅
しばらくたたずんで楽しんでいました

アムステルダム駅からトラムに乗り
アンネの家へ

20181028132209f4c.jpg
アンネの家
アンネ・フランクの一家が、第二次世界大戦中に
ナチスの目を逃れて隠れ住んだ家
館内はアンネが日記を書いていた当時のままの
部屋が残されている

20181028132031216.jpg
西教会
アンネの家の隣にある高い塔

ホテルの最寄りでトラムを降りる
この日は金曜日で通常の閉館時間より遅いから
ゴッホ美術館を再度訪れる
それもリサーチ済みの娘、すばらしい☆
ミュージアムパスを持っているので
何度でも入館できる

閉館時間ギリギリまでできる限りの絵画を観て回る
どんだけ絵画好きなんだろって感じです

これで思い残すことなくゴッホ美術館を後にしました

本日の移動距離もかなりのもの
どこも景色が素敵で
オランダ最高*・゚♡

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

プロフィール

ゆい

Author:ゆい
2015年6月~スペイン
2017年4月~オランダ

娘と行った旅行記です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ようこそ♪
ありがとう☆
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。